次世代のメディア

修理

オールフラッシュストレージとは、将来の主流になるとみられるハードディスクの種類の1つです。現在主流になっているのは、回転式のハードディスクになっていますが、処理速度の点で限界が近づいています。そのため、次の形式のストレージが求められており、それがオールフラッシュストレージとなっています。オールフラッシュとは、単純に言うのであればUSBメモリを大容量にしたものです。読み書きの速度が飛躍的に向上し、従来のものよりも快適な速度でPCを扱う事ができるようになります。まだまだオールフラッシュストレージの数は少ないのですが、あらゆる面で従来のものより優れているため、数年後には主流となる事が見込まれています。

現在、オールフラッシュストレージを利用する一番手っ取り早い方法は、ハードディスクをSSDというタイプに変更する事です。SSDはSolid State Driveの略で、フラッシュメモリを用いたストレージの事を指します。現在、かなりのタイプのSSDが発売されているため、自分のパソコンに合うものも存在するはずです。従来の物と比べ、読み書きのスピードが速く、耐久性もあるため、入れ替えるとその速さを実感する事ができます。値段が多少高い事がネックですが、得られるメリットを考えれば、十分買うに値するものだと思います。また、年々値段が下がってきているため、購入するハードルは下がってきています。今後パソコンを買う方は、SSDを検討してみてはいかがでしょうか。